本文へスキップ
 
yahooオークション ヤフオク ”プロレス”クリックでかんたん検索!
ヤフオクで売れている
UWF商品は何?
 
 
重要なお知らせ
2010/8月以降おまとめは休止しています。
但し、Youtube/ニコニコ動画/Dailymortionなど
日々追加しています。
5,000本以上ありますので検索キーワードを
↓に入れてお探しください。


Google

WWW を検索      
"極め”内検索


また、リンク切れ、レンタル、お探し中などの問い合わせは↓から
◆問い合わせ

 

プロレスレンタル、借りるならTSUTAYA




UWFインターナショナル


プロレス関連商品
AMAZON


UWF インターナショナル

高田延彦延彦が第2次UWFの解散に伴い、1991/5/10に旗揚げし、1996年12月に解散した
プロレス団体。正式団体名は「ユニオン・オブ・プロフェッショナル・レスリング・フォース・インターナショナル (Union of Professional Wrestling Force International)」、通称:Uインター。
新日本プロレス時代には一若手選手、第2次UWFでは前田雅和日明に次ぐポジションであった高田延彦を絶対エースに据えて、旗揚げされた。日本プロレス史上、最大の対抗戦となった
新日本プロレスとの抗争の実現、桜庭和志和志の輩出など、後のプロレス業界、格闘技業界に与えた影響は大きい。

運営体制

  • 代表取締役:高田伸彦
  • 取締役:宮戸成夫、安生洋二、鈴木健(高田のファンクラブを運営していた)

会社経営者でもあった鈴木は経営面をサポート、帰国子女で英語が堪能な安生は外国人選手招聘の責任を負い、宮戸は団体のコンセプトを打ち出して団体の舵を握った。



特色

格闘技色を打ち出したプロレスと評された第2次UWFを母体とした。第2次UWFから分かれた他の2派、リングス、藤原組(後にパンクラスに分裂)と比較すると、Uインターはプロレス回帰の姿勢を打ち出した。その代表的な例として、最高顧問に往年の名プロレスラールー・テーズを据えたプロレスリング世界ヘビー級王座、タッグマッチ(「ダブルバウト」と呼称)の採用などが挙げられる。スタンディングバウトと称して、キックルールの試合も行われた。

UWFルールを以下の様にマイナーチェンジした。減点制、ブリッジの高いスープレックスがポイント対象になるなどが最大の特徴である。

  • KO、ギブアップ、レフェリーストップなど以外にも持ち点がゼロになるとTKO負け。持ち点は以下の通り。
    • シングルバウト:15ポイント
    • ダブルバウト:21ポイント
    • スペシャルシックスメンバウト:30ポイント(設立当初は設定されず、末期に実施された6人タッグマッチで採用)
  • 減点数
    • ダウン:3
    • ロープエスケープ:1(ダブルバウトで相手に技をかけられているときにコーナーの味方にタッチするとエスケープと同等とみなされる)
    • スープレックス(ハイブリッジに限る):1(団体崩壊直前に廃止)
    • フォール:5(団体崩壊直前に新たに採用されたルール)
    • 反則:レフェリー裁量
    • ダブルバウト、シックスメンバウトの際は、通常のプロレスと異なり試合権を持つ者以外はリングに入ることが出来ない。

Uインターは「プロレスこそ最強の格闘技である」というポリシーの元、「プロレスラーは現実に強くあらねばならない」とタイからムエタイの選手を招聘し、レスリングのコーチも雇うなど、練習環境は格闘技を実践するためのものだった。それを裏付けるように、その後Uインター出身の多くの選手が格闘技の試合をこなした。

この理念は、昭和の新日本プロレスと共通する部分が大きい。実際、宮戸はアントニオ猪木の大ファンであり、高田に往年の猪木と同様の絶対エースのポジションを与え、数々のマッチメイクを行った。以下のようなアングル展開は新日本プロレスの常套手段であった。

  • 元WBC世界ヘビー級王者トレバー・バービック戦
    アントニオ猪木対モハメド・アリ戦と同様のレスラー対プロボクサー戦。ローキック攻撃に耐えかねたバービックが1ラウンドで試合放棄。一説には、バービックには「ローキック無し」のルールを提示しておいて、本番でいきなりこれを反故にしたとも言われる。
  • デニス・カズラスキー、佐野直喜とのダブルヘッダー
    高田との対戦を表明した両者であったが、話題性や集客力には乏しかった。そこで同日2連戦という方式で注目を集めた。
  • 元横綱北尾光司戦
    当時、プロレス団体を渡り歩き、空拳道所属であった北尾との対戦。前哨戦として山崎一夫が北尾に敗北し、危機感を煽った。一説には、北尾側に提示したブックを本番で反故し、無警戒の北尾にハイキックを叩き込んだと言われる。

そして、昭和新日と同様に、常に他の格闘技、他の団体へ挑戦的な姿勢を取った。

  • 高田延彦対蝶野正洋戦実現のためのUインターフロントの新日本プロレス事務所訪問
    これに対し新日本は、「どんな試合条件でも受ける」というUインター側の発言を言質に取り、巌流島決戦を提示。交渉は決裂したが、Uインター側がこの水面下での交渉内容をマスコミに公表したため、新日から絶縁を表明される。
  • 安生洋二のヒクソン・グレイシー道場破り事件
  • メジャー5団体のエースに参加を呼びかけた「1億円トーナメント」事件
    記者会見を行う当日に金融機関から1億円を借り、記者団の前でうず高く積まれた現金を見せ付け、その日のうちに返済。金利もきちんと支払ったという。余談だが、鈴木が現在経営している飲食店の名は「市屋苑(いちおくえん)」という。
  • リングスの前田日明との舌戦

これらの事件は、支持を得ると同時にUインターへの反感も高め、これら一連の出来事は1995年9月から始まった新日本プロレスとの全面対抗戦の起点となった。

BUSHIDO(ブシドー)の名で海外でテレビ放映され、テーズが解説を務めた。イスラエルのプロモーターから招聘されて興行を行い、リトアニアではブシドーの名を冠したリングス系の格闘技イベントが現在も開かれている。


解散原因
  • 団体運営に情熱を失った高田延彦の参議院選挙への立候補(さわやか新党から)、Uインターの興行からの長期離脱
  • 外国人選手のファイトマネー高騰
  • 大会場にこだわったための経費増大
  • 1994年12月の安生洋二によるヒクソン・グレイシー道場破りの失敗
  • 中堅選手山崎一夫の「フリー宣言」による退団
  • 1995/10/9、経営難を理由とした新日本プロレスとの全面対抗戦での高田延彦の敗北 新日本側から対抗戦の条件として呑まされたブックだったとも。
  • 新日本プロレスとの提携に対する意見の相違から、次世代のエースと期待された田村潔司と、団体の方向性を決めていた宮戸が退団
  • 「プロレスこそが最強」のUインターの理念消失。従来の最強路線を支持していたファン達の失望
  • 安生洋二、高山善廣、山本健一によるエンターテイメント色の濃いユニット、ゴールデン・カップスが登場。東京プロレスとの業務提携において、高田vsアブドーラ・ザ・ブッチャーが実現。

主なタイトル

  • プロレスリング世界ヘビー級王座


ビデオ紹介トップ
プロレス関連商品
AMAZON

1991年 1992年 1993年  1994年
1995年 1996年 その他


所属


髙田 延彦
1962/4/12

たかだ のぶひこは、日本のプロレスラー、元総合格闘家。現在はタレント、俳優、実業家として活躍をしている。本名は高田 伸彦。神奈川県横浜市泉区出身。血液型はA型。

格闘技ジム高田道場主宰者であり、格闘技イベントPRIDE統括本部長を務めていた。芸能マネジメントはレプロエンタテインメントが受け持っている。妻はタレントの向井亜紀。

高田延彦ブログ
高田延彦ブログ



山崎 一夫
1962/8/15

やまざき かずおは、元プロレスラー、整体師、タレント。通称山ちゃん。東京都港区出身。

ワールドプロレスリング解説者。


中野 龍雄
1965/6/16

なかの たつおは、日本のプロレスラー。茨城県下妻市出身。身長174cm、体重98kg。現在のリングネームは中野 巽耀(たつあき)である。


安生 洋二
1967/3/28

あんじょう ようじは、日本のプロレスラー・プロ格闘家。東京都杉並区出身。ニックネームは、Mr.200%


宮戸 優光
1963/6/4

みやと ゆうこう、本名宮戸 成夫(みやと しげお)は、神奈川県出身の元プロレスラー、現U.W.F.スネークピットジャパン代表、イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)ゼネラル・マネージャー。神奈川県出身。現役時公称身長177cm、体重93kg。


田村 潔司
1969/12/17

たむら きよしは、日本のプロレスラー、総合格闘家。岡山県岡山市出身。U-FILE CAMP主宰。

田村潔司ブログ
田村潔司ブログ



垣原 賢人
1972/4/29

愛媛県新居浜市出身。通称「カッキー」。最終所属は新日本プロレス。

垣原賢人ブログ
垣原賢人ブログ



高山 善廣
1966/9/19

東京都墨田区出身。東海大学付属相模高等学校、東海大学文学部文明学科卒業。高山堂(個人事務所)所属。ダイナミックなレスラーであり、数少ない現役「長身日本人レスラー」の一人。

試合に対する分析力と笑いの要素も含めた会話の能力も優れているため、プロレスリング・ノア中継のレギュラー解説者であり、またワールドプロレスリングなどでもゲスト解説を務めることがある。また、2006年からは、UFCを中継する日テレG+の番組(現在は放送終了)にも解説者として出演していた。

学生時代にはラグビーをしていた。また、湘南でライフガードのアルバイトをしていた、元ライフセイバーでもある。

高山善廣ブログ
高山善廣ブログ



金原 弘光
1970/10/5

かねはら ひろみつは、日本の総合格闘家、元プロレスラー。愛知県尾張旭市出身。U.K.R.所属。


長井 満也
1968/11/10

本名は長井 弘和。北海道砂川市出身。



佐野 直喜
1965/2/2

さの なおきは、日本のプロレスラー。北海道苫小牧市出身。プロレスリング・ノア所属。プロレスラーとしてのキャリアにおいて、様々なリングネームを名乗っているが、現在は佐野 巧真(さの たくま)としての活動で知られる。

 

櫻庭 和志
1969/7/14

さくらば かずしは、日本のプロレスラー、総合格闘家。秋田県南秋田郡昭和町(現・潟上市)出身。UWFインターナショナル、キングダム、高田道場を経て、Laughter7を主宰。株式会社39代表取締役。3児(男の子3人)の父。新聞などでは常用漢字外の文字の使用には制約があるため、桜庭和志と表記されることが多く、著書などでも桜庭の表記が一般的である。

秋田市立秋田商業高等学校卒業、中央大学商学部中退。

レスリングをベースに持つ。1990年代末 - 2000年代初頭頃のPRIDEにおいて、強豪外国人に対し、互角以上の戦いを演じた数少ない日本人選手の一人。

総合格闘技の試合では滅多に見られないような変則技を繰り出して対戦相手を翻弄し、観客を沸かせることからIQレスラーと呼ばれ、人気を博した。また、様々な総合格闘家が苦杯をなめてきたグレイシー一族に対し何度も勝利したことからグレイシー・ハンターとの異名もとる。


山本 喧一
1976/7/11

やまもと けんいちは、日本の総合格闘家、プロレスラー、実業家。本名は山本 健一(やまもと けんいち)。大阪府門真市出身。通称ヤマケン。POWER OF DREAM所属。株式会社ウィット代表取締役。


上山 龍紀
1976/4/17

うえやま りゅうきは、日本の総合格闘家。東京都町田市出身。U-FILE CAMP所属。元DEEPミドル級王者。上山知暁(1974/4/26)は実兄。

 

松井 大二郎
1972/12/5

まつい だいじろうは、日本の総合格闘家、プロレスラー。岡山県吉備郡真備町(現倉敷市)出身。フリーランス。


大江 慎
1970/2/17

おおえ まことは、日本の元キックボクサー。現U.W.F.スネークピットジャパンコーチ。東京都出身。妻は元女子プロレスラーの中西百重。


菊田 早苗
1971/9/10

きくた さなえは、日本の総合格闘家。東京都練馬区出身。GRABAKA主宰。

父親は、死刑廃止論者で明治大学名誉教授・弁護士の菊田幸一。

菊田の寝技は「キク術」とも呼ばれている。

 

  • 前田雅和(引退)
  • ボーウィー・チョーワイクン(スタンディング・バウト)
  • ゴーン・ユタチャイ(スタンディング・バウト)


主な参戦外人選手
プロレス関連商品
AMAZON


ビッグバン・ベイダーベイダー
1955/5/14

レオン・ホワイトLeon White)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。デビュー以来数々のリングネームを名乗っている。

日本で活躍した外国人選手の一人で、三冠ヘビー級王座とIWGPヘビー級王座の両タイトルを獲得した最初のレスラーで、なおかつ唯一の外国人レスラーでもある。また世界タッグ王座、IWGPタッグ王座、GHCタッグ王座の3大タッグ王座を獲得した最初のレスラーでもある。 息子のジェシー・ホワイトもプロレスラー。

 

ゲーリー・オブライト
Gary Albright
1963/5/18 - 2000/1/7

アメリカ合衆国のプロレスラー。ネブラスカ州リンカーン出身。

一撃必殺とまで称された強烈なスープレックスでKOの山を築いたことから「殺人風車」「殺人スープレックス」などの異名で呼ばれた。


ダン・スバーン
Dan Severn
1954/6/8

アメリカ合衆国のプロレスラー、総合格闘家。ミシガン州コールドウォーター出身。ミシガン・スポーツ・キャンプ所属。2007年にはCage Rageにも参戦するなど、齢50を過ぎてもなお現役を続ける総合格闘家である。

卓越したレスリング技術と、パワーを全面に押し出すファイトスタイルから「ザ・ビースト(野獣)」の異名を持つ。整えられた口髭がトレードマークである。


サルマン・ハシミコフ
Salman Hashimikov
1953/5/4

旧ソビエト連邦出身のプロレスラー。

これまでイワン・コロフ、ニコライ・ボルコフ、クリス・マルコフ、アレックス・スミルノフ、ニキタ・コロフなど「ロシア出身」を名乗るプロレスラーは多く存在したが、いずれもギミックであり、冷戦の終結に伴い登場したソビエト連邦初のプロレスラーとして注目を集めた。

 

アイアン・シーク
The Iron Sheik
1943/3/15

コシロ・バジリペルシア語:حسین خسرو علی وزیری ; Ḥoseyn Khosrow ʿAlī Vazīrī)は、イラン・テヘラン出身の元プロレスラー。


バッドニュース・ブラウン/バッドニュース・アレン
Bad News Brown/Bad News Allen
1943/10/22 - 2007/3/6

アレン・ジェイムズ・コージAllen James Coage)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。また、モントリオールオリンピックの柔道重量級の銅メダリストでもある。ニューヨーク州ニューヨークシティ出身のアフリカ系アメリカ人。


"ピストル" ペッツ・ワトレー
"Pistol" Pez Whatley
1951/1/10 - 2005/1/18

アメリカ合衆国のプロレスラー。テネシー州チャタヌーガ出身のアフリカ系アメリカ人。

より原音に近いファミリーネームの表記は「ワトー」だが、本項では来日時の呼称や日本のプロレス・マスコミにおける汎用的な表記に準ずる。

 

  • マーク・フレミング
  • ビリー・スコット


U.W.F.
スネークピットジャパン


UWFスネークピット

日本の東京都にあるプロレスリング、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン、キックボクシングのジムである。

沿革

1999/5/1、元プロレスラーの宮戸優光がコーチにビル・ロビンソンと大江慎を迎え、東京都杉並区高円寺北に設立した。

2008/9/13、イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)との業務提携を発表し、11/24には所属選手の鈴木秀樹がIGFに初参戦、金原弘光と対戦した。また、12/7にはPANCRASE 2008 SHINING TOURにて井上学が初代バンタム級キング・オブ・パンクラスを獲得し、同ジム所属選手として初の王者となった。

コーチ

  • 宮戸優光 - 代表
  • ビル・ロビンソン - ヘッドコーチ
  • 大江慎 - 打撃コーチ
  • 大江百重 - 体操クラスコーチ

主な所属選手

  • 井上学(1978/11/1)
  • 歌川暁文
  • 定アキラ(1993/11/24)
  • 鈴川真一(1983/9/21)
  • 鈴木秀樹

過去の所属選手

  • 澤宗紀 - 移籍(1979/4/20)
  • 望月竜介 - 引退
  • ソルデティグレ・ヨースケ - 引退(1981/7/28)

 

リトアニア・ブシドー協会
LITHUANIA BUSHIDO

プロレス関連商品
AMAZON


LITHUANIA BUSHIDO

リトアニアの総合格闘技団体。日本へも、ZST、HERO'S、PRIDE、K-1、プロ修斗などに選手を送り込んでいる。代表はドナタス・シマネイティス。

1991年、リトアニア国内で「BUSHIDO」というテレビ番組が放送開始された。この番組では、UWFインターナショナルの試合が放送され、エース高田延彦が人気を得た。その影響もあって、格闘技人口の増加に繋がっていった。

1999年、前田日明のリングス・ネットワークの一員として「リトアニア・ブシドー協会(リングス・リトアニア)」を設立。

2002年2月に、日本でリングスが活動を停止した後も、独自の展開を行い、リングス・ネットワークでは最大の活動を続けているといえる。

2005年には、アイルランドに「BUSHIDO RINGS IRELAND」という支部を設立し、2005/3/12に旗揚げ戦を行った。

主な所属選手

  • エギリウス・ヴァラビーチェス(1978/12/23)
  • レミギウス・モリカビュチス(1982/8/10)
  • エリカス・ペトライティス(1978/6/21)
  • ケスタティス・スミルノヴァス(1976/4/8)
  • ダリウス・スクリアウディス(1981/6/18)
  • ミンダウガス・スミルノヴァス
  • アンタナス・ジャズビュティス
  • ローカス・スタンブラウカス
  • タデウサス・チロディンスキス
  • ミンダウガス・クリカウスカス
  • ヴァルダス・ポチェビチェス
  • ペトラス・モリカビュチス
















 


















 






























 
 


 








 ↑ トップへヤフーオークション
 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system