本文へスキップ
 
ヤフーオークション
 
 
AWA
プロレスラー名鑑


 
 

AWA
プロレス関連商品
AMAZON


アメリカン・レスリング・アソシエーションAmerican Wrestling Association=アメリカレスリング協会)は、1991年までアメリカに存在したプロレス団体。略称AWA。1996年からはAWAスーパースター・オブ・レスリングとなって活動を再開している。本項では両者ともに述べる。


概要

1960年にバーン・ガニアがミネソタ地区のプロモーター達と共にNWAを離脱し創立。本拠をミネアポリスに置いて北米地域を活動領域とし、形式上はNWA同様にアメリカ各地のプロモーターの連合体であったが、実権はプロモーター兼プロレスラーのバーン・ガニアが掌握していた。会長はスタンリー・ブラックバーンらガニア以外の人物が務めていた。

AWAは、NWAからAWA創立による離脱する前後期のNWA王者であったパット・オコーナーを初代AWA世界ヘビー級王者と認定、パット・オコーナーをAWA・NWA統一世界王者とし、バーン・ガニアとの指名試合を勧告する。しかし、パット・オコーナー側は対戦を拒否、これによりバーン・ガニアにAWA王座は移動、世界王座が切り離され独立をする。

かつてはNWAやWWF(現WWE)とならぶ全米3大メジャー団体で、ハルク・ホーガンや、アンドレ・ザ・ジャイアントやロード・ウォリアーズも在籍していた。WWFがNWA傘下に入っていた時期は二大世界王座とされたこともあった。

日本のプロレス団体とは、NWAが全日本プロレス、WWFが新日本プロレスと提携していたため、その対抗として国際プロレスと提携していた時期もあったが、1970年代中盤から国際と並行して全日本とも関係を持っていた。だが、国際は1975年にAWAとの提携を解消し、カナダのカルガリーに大剛鉄之助を支部長とする北米支部を設置し、招聘窓口とした(後の関係者の回想によると、ガニアから「自分達(AWA)を取るか、大剛を取るか」を迫られ、吉原が大剛を選んだとされている)。

国際との提携解消後は、全日本に絞って友好関係を持っていた(この時期にジャンボ鶴田がヘビー級王座に就いている)。その後、団体の力が弱まった1980年代末からは、新日本とも関係を持つようになった(この時期に、マサ斎藤がヘビー級王座に就いている)。

WWFの全米マット制圧に際し、最初のターゲットにされ、主な主力選手を引き抜かれたため、一気に弱体化、団体としての活動は1991年に終了し、その権利関係はWWF(現WWE)に買い取られている。なお、WWE 24/7にてAWA時代の試合を視聴できるのはこのためである。

バーン・ガニア時代において、ガニア自身がアマチュアレスリング出身だったこともあり、基礎的なレスリング技術に秀でた選手が多く輩出された。アンドレが突出した巨体だったのにもかかわらずグラウンドテクニックもしっかり習得できていたのは、この団体にいたころの経験があったからだといわれる。しかし、ガニアのレスリングへのこだわりはホーガンやウォリアーズを「レスリングの出来ないただの筋肉マン」と評価することにつながり、彼らのAWA離脱を招いたという面も否定できない。

AWAスーパースターズ・オブ・レスリング

1996年になり、AWAのミネソタ州テリトリーのプロモーターであったデイル・ガーン、ジョニー・スチュワートらによって『AWAスーパースターズ・オブ・レスリング』が旗揚げされた。今日のAWA関連の王座を管理するのはこのAWAスーパースターズ・オブ・レスリングである。またAWA王座の交渉窓口はスティーブ・コリノが担当しており、その関係でZERO1-MAXの所属レスラーがAWA世界ヘビー級王座を戴冠する機会が設定されるが、インディ団体の一王座まで権威は下がるとともに、1991年まで存在した王座とは別の王座と言えよう。日本のZERO1-MAXと業務提携を行いAWA世界ヘビー級王座、AWA世界ジュニアヘビー王座戦を行っていたが提携を終了しZERO1側が世界ヘビー級選手権、US無差別級王座、インターナショナルジュニアヘビー級選手権を新設した。

 ↑ トップへヤフーオークション 

主なタイトル

AWA世界ヘビー級王座
AWA世界ヘビー級王座 AWA世界ヘビー級王座
AWA World Heavyweight Championshipは、アメリカン・レスリング・アソシエーション(以下「AWA」と略)が認定するプロレスの王座の一つである。かつてはNWA・WWF(現WWE)とならび「世界三大王座」と言われていたタイトルである。

なお、AWAを名乗る団体はシカゴ、オマハなどにも存在したが、最終的に消滅または「三大世界王座」といわれたバーン・ガニア版のAWAに吸収された。カール・ゴッチやドン・レオ・ジョナサンの経歴に「AWA世界ヘビー級王者」とあるのはそれらの団体での獲得歴である。この項目ではガニア版AWAのタイトルについて述べる。

歴史

1960年AWA創立。同年5月、当時NWA世界ヘビー級王者であったパット・オコーナーを初代AWA世界ヘビー級王者と認定(記録上は、オコーナーのNWA王座獲得日である1959年1月9日)、オコーナーをAWA・NWA統一世界王者とする。そして、AWAは王者であるオコーナーにバーン・ガニアとの指名試合を勧告、90日以内にガニアとの試合を行わない場合はAWA王座の剥奪をすると通達。しかし、オコーナー側はガニアとの指名試合を拒否したため、指名試合勧告から90日後にオコーナーのAWA王座は剥奪され、1960年8月に指名挑戦者であったガニアをAWA王者と認定、AWAとNWAの世界王座が切り離され独立をする。

AWAが日本と提携交流のあった期間にはたびたび日本でもタイトルマッチが行われており、1970年代には国際プロレスとAWAが提携。以降AWAは全日本プロレスとも交流を始め、国際プロレスと並行して交流をし、国際プロレスの崩壊後には全日本プロレスとの交流をさらに深める。そして、1980年代後半のAWA衰退期には新日本プロレスと関係を持つようになった。日本人ではジャンボ鶴田とマサ斎藤が王者になっている。

1991年にAWAは団体の活動を終了し王座は消滅。

1996年になり、かつてのAWAのミネソタ州テリトリーのプロモーターによって「AWAスーパースター・オブ・レスリング」が旗揚げされ、王座が復活される。しかし、インディ団体の王座まで権威は下がるとともに、1991年まで存在した王座とは別の王座であると考えられている。AWAスーパースター・世界ヘビー級王座の項参照。
戴冠日 レスラー 戴冠回数
初代 1959/1/9 パット・オコーナー
AWA本部から指名
指名試合を拒否したため王座剥奪
1
第2代 1960/8/16 バーン・ガニア
AWA本部から指名
1
第3代 1961/7/11
ミネアポリス
ジン・キニスキー 1
第4代 1961/8/8
ミネアポリス
バーン・ガニア 2
第5代 1962/1/9
ミネアポリス
ミスターM 1
第6代 1962/8/21
ミネアポリス
バーン・ガニア 3
第7代 1963/7/9
ミネアポリス
クラッシャー・リソワスキー 1
第8代 1963/7/20
ミネアポリス
バーン・ガニア 4
第9代 1963/7/27
オマハ
フリッツ・フォン・エリック 1
第10代 1963/8/8
アマリロ
バーン・ガニア 5
第11代 1963/11/16
セントポール
クラッシャー・リソワスキー 2
第12代 1963/12/14
ミネアポリス
バーン・ガニア 6
第13代 1964/5/2
オマハ
マッドドッグ・バション 1
第14代 1964/5/16

オマハ
バーン・ガニア 7
第15代 1964/10/20
ミネアポリス
マッドドッグ・バション 2
第16代 1965/5/15
オマハ
イゴール・ボディック 1
第17代 1965/5/22
オマハ
マッドドッグ・バション 3
第18代 1965/8/21
セントポール
クラッシャー・リソワスキー 3
第19代 1965/11/12
デンバー
マッドドッグ・バション 4
第20代 1966/11/12
オマハ
ディック・ザ・ブルーザー 1
第21代 1966/11/19
オマハ
マッドドッグ・バション 5
第22代 1967/2/26
セントポール
バーン・ガニア 8
第23代 1968/8/17
ブルーミントン
ドクターX 1
第24代 1968/8/31
ミネアポリス
バーン・ガニア 9
第25代 1975/11/8
セントポール
ニック・ボックウィンクル 1
第26代 1980/7/18
シカゴ
バーン・ガニア
引退のため王座返上
10
第27代 1981/5/19 ニック・ボックウィンクル
AWA本部から指名
2
第28代 1982/8/29
セントポール
オットー・ワンツ 1
第29代 1982/10/9
シカゴ
ニック・ボックウィンクル 3
第30代 1984/2/22
東京
ジャンボ鶴田 1
第31代 1984/5/13
セントポール
リック・マーテル 1
第32代 1985/12/29
イースト・ラザフォード
スタン・ハンセン
試合を放棄したため王座剥奪
1
第33代 1986/6/28 ニック・ボックウィンクル
AWA本部から指名
4
第34代 1987/5/2
サンフランシスコ
カート・ヘニング 1
第35代 1988/5/8
メンフィス
ジェリー・ローラー
AWAとジェリー・ローラーの契約が打ち切られたため王座剥奪
1
第36代 1989/2/7
セントポール
ラリー・ズビスコ 1
第37代 1990/2/10
東京
マサ斎藤 1
第38代 1990/4/8
セントポール
ラリー・ズビスコ 2

  • AWA世界ヘビー級王座(オマハ版)
  • AWA世界ライトヘビー級王座
    かつてはバック・ズモフらが保持。後年、ジミー・バックランドがFMWに持ち込み日本に定着、李珏秀(テコンドー)や上田勝次(キックボクサー)が王者になったこともある。FMW独自のジュニアヘビー級王座の創設・認定などに伴い自然消滅している。
  • AWA世界タッグチーム王座
    グレッグ・ガニア&ジム・ブランゼル組などが日本で防衛戦を行っている。
  • AWA世界女子王座
    スーパースター・オブ・レスリング版で高橋奈苗が王者となり、前村早紀が奪取したのを最後に王座は封印されている。
  • AWAアメリカズヘビー級王座
  • AWA世界ブラスナックル王座
  • AWAブリティッシュエンパイアヘビー級王座
  • AWAインターナショナルヘビー級王座
  • AWAインターナショナルタッグ王座
  • AWAインターナショナルテレビ王座
    バーン・ガニアの息子であるグレッグ・ガニアのための王座であった。
  • AWA中西部ヘビー級王座
  • AWA中西部タッグチーム王座
  • AWA南部ヘビー級王座
  • AWA南部タッグチーム王座
    大仁田厚&渕正信のタッグで、アメリカ遠征中に同王座を奪取している。
  • AWA南部女子王座
    長与千種がアメリカ遠征に行った際に奪取しているが、防衛戦を行わないまま、すぐ返上している。
  • AWA・USヘビー王座

 ↑ トップへヤフーオークション 

バーン・ガニア時代の
主な所属選手


バーン・ガニア
Verne Gagne
1923/5/10

本名:LaVerne Clarence Gagne。AWAのオーナー兼プロモーターとしても活躍し、AWAの帝王と呼ばれた。息子のグレッグ・ガニアもプロレスラーである。


ビル・ロビンソン
Bill Robinson
1939/9/18


ニック・ボックウィンクル
Nick Bockwinkel
1934/12/6


ハーリー・レイス
Harley Leland Race
1943/4/11


リック・フレアー
Ric Flair
1949/2/25


ハルク・ホーガン
Hulk Hogan
1953/8/11


アンドレ・ザ・ジャイアント
André the Giant
1946/5/19 - 1993/1/27


マッドドッグ・バション
Mad Dog Vachon
1929/9/14


ディック・ザ・ブルーザー
Dick The Bruiser
1929/6/27 - 1991/11/10


クラッシャー・リソワスキー
Crusher Lisowski

1926/7/11 - 2005/10/22


ザ・デストロイヤー/ドクターX
The Destroyer
1931/7/11


キラー・トーア・カマタ/ドクター・モト
"Killer" Tor Kamata
1937/3/9 - 2007/7/23


ラリー・ヘニング
Larry "The Axe" Hennig
1936/6/18


レイ・スティーブンス
Ray "The Crippler" Stevens
1935/9/5 - 1996/5/3


パット・パターソン
Pat Patterson
1941/1/19


ワフー・マクダニエル
Wahoo McDaniel
1938/6/19 - 2002/4/19


スーパースター・ビリー・グラハム
"Superstar" Billy Graham
1943/9/10


ブラックジャック・マリガン
Blackjack Mulligan
1942/11/26


ジャック・ランザ
Jack Lanza
1942/10/14


ボビー・ダンカン
"Big Bad" Bobby Duncum
1944/8/14


ボビー・ヒーナン
Bobby Heenan
1944/11/1


ダスティ・ローデス
Dusty Rhodes
1945/10/12


ディック・マードック
Dick Murdoch
1946/8/16 - 1996/6/15


ボブ・オートン・ジュニア
Bob Orton, Jr
1950/11/10


アイアン・シーク
The Iron Sheik
1943/3/15


ニコライ・ボルコフ
Nikolai Volkoff
1947/10/14


ケン・パテラ
Ken Patera
1942/11/6


ホースト・ホフマン
Horst Hoffman
1940


バロン・フォン・ラシク
Baron Von Raschke
1940/10/17


イワン・コロフ
"The Russian Bear" Ivan Koloff
1942/8/25


アンジェロ・モスカ
"King Kong" Angelo Mosca
1938/3/13


ジョー・ルダック
Jos LeDuc
1944/8/31 - 1999/5/1


ボブ・バックランド
Bob Backlund
1949/8/14


クリス・マルコフ
Chris Markoff
1940


ザ・ハングマン
The Hangman
1942/7/21


ジョニー・バリアント
Johnny Valiant
1946/11/25


ディノ・ブラボー
Dino Bravo
1949/8/6 - 1993/3/11


アドリアン・アドニス
Adrian Adonis
1953/9/15 - 1988/7/4


ジェシー "ザ・ボディ" ベンチュラ
Jesse "The Body" Ventura
1951/7/15


ジェリー・ブラックウェル
"Crusher" Jerry Blackwell
1949/4/26 - 1995/1/22


ビッグ・ジョン・スタッド
Big John Studd
1948/2/19 - 1995/3/20


ティト・サンタナ
Tito Santana
1953/5/10


カート・ヘニング
Curtis Michael Hennig
1958/3/28 - 2003/2/10


ブラッド・レイガンズ
Brad Rheingans
1953/12/13


ビリー・ホワイト・ウルフ
Billy White Wolf
1939/3/1


アブドーラ・ザ・ブッチャー
Abdullah The Butcher
1936/1/1(1941/1/11)


ジェリー・ローラー
Jerry O'Neil Lawler
1949/11/29


オットー・ワンツ
Otto Wanz
1943/6/13


デビッド・シュルツ
David "Dr. D" Schultz
1955/6/1


マサ斎藤/ミスター・サイトウ
1942/8/7


サージェント・スローター
Sgt. Slaughter / Sergeant Slaughter
1948/8/27


マスクド・スーパースター
The Masked Superstar
1947/12/27


リック・マーテル
Rick "The Model" Martel
1956/3/18


スタン・ハンセン
Stan Hansen
1949/8/29


トニー・アトラス
Tony "Mr. USA" Atlas
1954/4/23


ザ・ロード・ウォリアーズ
The Road Warriors



ジミー・スヌーカ
Jimmy Snuka
1943/5/18


ブルーザー・ブロディ
Bruiser Brody
1946/6/18 - 1988/7/17


ザ・バーザーカー/ビッグ・ジョン・ノード
The Berzerker/Big John Nord
1959/10/18


ボリス・ズーコフ
Boris Zhukov
1958/12/13


ザ・モンゴリアン・ストンパー
The Mongolian Stomper
1944/11/2


ビッグバン・ベイダー/ベイダー
1955/5/14


レイザー・ラモン
Razor Ramon
1958/10/20


アレックス・スミルノフ
Alexis Smirnoff
1947/2/9


バディ・ローズ
"Playboy" Buddy Rose
1952/11/15 - 2009/4/28


シェリー・マーテル
"Sensational" Sherri Martel
1958/2/8 - 2007/6/15


ラリー・ズビスコ
"The Living Legend" Larry Zbyszko
1953/12/5


マイク・ジョージ
Mike George
1950


"ザ・レイジング・ブル" マニー・フェルナンデス
"The Raging Bull" Manny Fernandez
1954/7/27


ニキタ・コロフ
"The Russian Nightmare" Nikita Koloff
1959/3/9


タリー・ブランチャード
Tully Arthur Blanchard
1954/1/22


ザ・ナスティ・ボーイズ
The Nasty Boys


パトリオット
Patriot
1961/12/21


ダイヤモンド・ダラス・ペイジ
Diamond Dallas Page、略称DDP
1956/4/5


  • スティーブ・オルソノスキー
  • ダグ・サマーズ

 
 ↑ トップへヤフーオークション  
 Copyright(c) Mitsuishiya, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system